岩間井戸工業株式会社 岩間井戸工業株式会社
ウエルポイント工法

地中に設置したパイプから真空の力で地下水を汲み上げて地下水位を低下させる工法です。

  1. 簡単な設備で地下水位を低下させボイリング等の出水事故を防止し安全な掘削作業を可能にしています。

  2. 1段の揚程は5m程度で、数段に設置することによりさらに深い掘削にも対応できます。

ウェルポイントという長さ70cm外径50mmのストレーナー濾過網をもった吸水管に、φ1.5インチ長さ5.5m〜7mの吸水管を取り付けたものを地盤中に多数打ち込んで小さな井戸のカーテンを作り、Well Pointポンプで強力に地下水を吸収低下させて、必要な区域の地下水を揚水し地下水位を低下させることのできる工法です。この工法は、経済的な軟弱地盤の改良工法として広く普及されております。

ウェルポイント工法の目的

地下水面以下の掘削工事において従来の工法で困難を伴う土質に適用され、経済性、安定性、能率性を高度に発揮するもの

ウェルポイント工法の特徴

  1. 地下水位の低下
    ドライワークによる土木工事の容易(水圧、土圧の軽減)からくる土留工事の簡素化、安全、工期の短縮、ひいては工事費の軽減

  2. 土の剪断強度増加
    切取(掘削)、盛土法面の安定と、掘削底面の地盤強化

  3. 圧密有効圧の増加
    浮力の減少による地盤強度の増加

  4. 負圧の減少
    軟弱地盤改良の圧密促進強化

ウェルポイント工法は地下水位の低下や土の安定性を増し工事中はドライワークで仕事を仕上げることができますので従来のような危険も除去でき、確実に、また、経済的に工事を仕上げることが出来ます。

ウエルポイント工法 | 地質調査・地下水調査・各種土質試験

岩間井戸工業株式会社
[本社] 山梨県甲府市国母1-4-3  [工場] 山梨県東八代郡石和町広瀬62
TEL : 055-226-3011 FAX : 055-226-3012  E-Mail : tats@iwamaido.jp

2005 Iwamaido Co., Ltd. Allrights Reserved.